So-net無料ブログ作成
検索選択

at a glance #172 [風景写真]


_SDI1157.jpg





sd Quattro 随分と安値でびっくりなんですが、
シグマのサイトの作例見てみると、やっぱりなんちゅーか。。粉っぽい?
もちろん等倍で見ての話で、dpQの時もそう思ってたんですが、photoshop
シャープを2,3回掛けたような感じに見えるんですよねぇ。
webでの見栄えでそうしてるのかもしれないですが、どーなのかなぁ。
Merrillはダメなとこもあるけど、粉っぽいって感じはないので、それもあって
なかなかQuattroには触手が伸びないってのがあります。(一番はデカイって事ですがw)
シグマの作例(赤いドカティの寄り)でSFD機能ってのがあって
(7ショット露光合成らしいけどどんだけのファイルサイズになんだろ?SPP動くのか??)
それだと粉っぽくなくていい感じです。AUTOで現像したやつは一番ネムイけど、
ノイズレスで自由度が高そうです。
これが普通に1ショットで撮れればいいんですけどね~

そう思うとニコンやらキヤノンはフツーにそつない画像を提供してくれるんだなぁと思います。
仕事で使うにはやっぱりそれが一番で、どこでも普通に写る安心感が必要です。
それってすごい事なんだなーと。どこも出っ張りがなくて丸い感じ。

でも、いつも丸いばかりじゃやっぱりつまらないので、
イガイガのあるようなシグマのカメラにも惹かれるんですよね。
foveonは解像番長のように言われてますが、自分としては
解像感はもちろんですが、「色」。普通にクリアに調整しようとしても、
色の「濁り」や「雑味」のようなものが残る気がして、そこが好きで使っています。
シャキシャキシャープなデジタル画像なんだけど、どこか予想しきれないアナログ感が
あるように思えて、かったる〜いSPPで現像してても飽きないんですよね。
逆に言うと、普通に調整できないから仕事じゃ使えませんw
仕事のデータをSPPで現像してたら納期に間に合いませんw
でもシグマが気になるんですよね~

気になると言えば、富士が中判デジタル出すって噂もあるみたいで。
ハッセルと富士はHシリーズ一緒にやってたから、本当っぽいですね。
次のフォトキナが9月らしいので、そこで出してくんのかな~ 楽しみです。

なんかこう、いろんなカメラが出てきてワクワクします。
デジタルも熟成してきたし、フィルムもまだやれるし。
それが自分的には大げさに言えば生きる事のモチベーションにもなりますw
今の時代に生きててよかったw


でも、どんなすごいカメラ買っても使っても、写真が撮れるって事だけなんですけどね(笑)





_SDI1721-2.jpg







nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。