So-net無料ブログ作成
検索選択

芍薬 color [花写真]


_IGP2618.jpg




_IGP2629.jpg




_IGP2652.jpg





645D、買ったはいいけどなかなか撮りに行く時間がないので、家で画処理の合間に
ちょっと撮ってみたりしてます。

1枚目と3枚目は PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL というレンズで撮りました。
645Dと同時期の発売で、「高水準のデジタル画質を実現しました(Ricoh)」だそうです。
「デジタル画質」って何だ?
確かによく写るし、超音波モーターのAFだし(フツーに早い)とてもいいレンズです。
で、2枚目は、チューブを付けたハッセルのPlanar 80mm F2.8 nonT* です。
比べるとコントラストシャープネスも確かに劣りますがワタシ的には全然オッケーです。
柔らかくて人物なんかには逆にいいんじゃないかと。
まぁ晴れの屋外で逆光なんてとこはアレですけど。
製造番号調べたら、45年前に作られたものみたいです。
45年間、どんな光を見てきたんだろうか? なんてロマンチックな事は思わないですがw
自分と同い年くらいのレンズがデジタルでもフツーに使えるってのは嬉しいです。

あと、カメラ側ですが、こういう物撮り的なものにはやっぱりライブビューが欲しいなぁと思いました。
645Dはライブビューがないので、マニュアルレンズはもちろんですが、AFレンズも合焦はするけど、
ピントが花びらの先なのか奥なのかはファインダーではちょっとわからないです。
55mmでも開放付近ではピントもかなり浅いので、1枚撮って(書き込み遅い)確認して
ピントずらしてまた撮って。。な感じです。
ゆっくりやって下さいってカメラなんですかね。
まぁ昔、シノゴでポラ切ってた事を思うと爆速ですからねw

*ここまでは昨日書いた。


で、今日初めて取説をパラパラ見てたら、デジタルプレビューなるものがある事が発覚!
なんだそれ?初めて聞いたけど? と思ってやってみると、シャッター押す前にデータは
記録されないけど、露出や色味も確認できて、拡大してピントもチェックできるんだそうな!
すごいじゃないか!PENTAX!


取説はちゃんと読みましょう。


はい。。






nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。